2018
04.20

いつかは切除?

Category: 病気・病院
3か月前に見つけた、右わき腹の小さなしこり。 ( 詳細は コチラ )
検査の結果は悪いものではなさそうということでしたが。
DSC_5706.jpg

サイズがビミョーーに大きくなっているよう気がしたので、
念のため先生にも確認していただくことにしました。
DSC_5707.jpg
↑ 写真中央のピンク色。
つむじではなく、中にしこりのあるこの部分だけおハゲになっているんです。

久々のお車に興味津々のポムちゃん。
DSC_5725.jpg

先生いわく、やっぱり少ーしだけ大きくなっているかな?とのこと。
具体的には、3mmくらいだったものが、5mmくらいに。
DSC_5727.jpg

ただ、「表皮嚢胞」だとすれば、対応策は切除しかなく。
このサイズなら切除するほどではない(手術によるリスクの方が高すぎる)わけで。
DSC_5730.jpg
↑ 待機中、車内で寝食い。

生活に支障がない今の段階では、とりあえず様子観察していきましょうということに。
DSC_5737.jpg
↑ 好みの牧草を探すポムちゃん。

元気だし、食欲もあるし、排泄も問題ないので、さほど心配はしていないんですが。
DSC_5744.jpg

今後もこのペースでサイズが大きくなっていくのか?と思うと、
いつかは切除することになるのかな~なんてぼんやり考えたりして。
DSC_5746.jpg

異変にはすぐ気づけるように、
しこりも含め全身、こまめにチェックしていこうと思います!

ポムちゃんももう中年だからね~


2018
01.22

小さなしこり

Category: 病気・病院
久々のポムちゃん in キャリー。
DSC_4470.jpg

1月7日の日曜日。ポムの右わき腹に小さなしこりを発見。
そこだけ(5×5mmくらい?)毛がなくて、皮膚の色は他に比べてうっすらピンク。
湿疹などの異常なく、しこりは中にある感じ。
触った感じは5mmくらいだけど、皮とかあるからしこりそのものは3mmくらい?
本モルはいつも通りの様子。

祝日などもあったので、10日の水曜日に受診。
誰もいない待合室にて、サクサクサクサク… と牧草を食べる余裕なポムちゃん。
DSC_4472.jpg

触診で確認してもらい、その後針を刺してしこりの中身(?)の一部を採取し、
顕微鏡で診てもらいました。
結果的には、「細胞のカスのようなもの」しか見えず。
確定はできないが、「嚢胞(のうほう)」かもしれない。
大きさの変化など、今後も様子観察を続けてくださいとのことでした。
今回は特に処置や処方なしです。
また、3歳という年齢的に、こういうものができやすくなってくるので、
早期発見できるようによく観察してくださいとのことでした。

モルモットの飼育本に、「表皮嚢胞」についての解説がありました。
それによると、垢などの老廃物が皮膚の真皮に溜まったもので、腫瘍ではないとのこと。
 参考:『Perfect Pet Owner's Guides モルモット完全飼育』(誠文堂新光社)


今のところ、しこりのサイズはあまり変わっていないように思われます。
P1107997.jpg

本モルも気にせず穏やかに過ごしております。
P1107998.jpg

ちなみに診察台の上でもお利口さんで、ほとんど暴れることなく、
P1108007.jpg

針を刺す直前に ピ!って言っただけで、
P1108013.jpg

その間飼い主が両手で挟んで全身を固定していたのですが、それに対する抵抗もなく、
P1108014.jpg

終わってからも、待合室には サクサクサクサク… と牧草を食べる音。

さすがポムちゃん、動じないなぁと感心してしまいました。
P1108015.jpg

動じないふりをしていたのかもしれないけれど、
受診のストレスを感じさせないほど、その後もいつも通りの生活を送れています。

3歳のポムちゃん。これからいろいろあるだろうけど、頑張って一緒に乗り越えて行こうね。


…と、改めて強く思った出来事でした。


2016
12.29

初めての目薬

Category: 病気・病院

先週の金曜日~土曜日にかけて、ポムの左目に異変が。
PC244703.jpg

 ・目がショボショボしていて瞬きがいつもより多い
 ・なんとなく目の周りが腫れぼったい
 ・涙目
 ・白濁した目ヤニが少し

金曜夜の時点でこれらの症状が見られ、
翌日もほとんど変わらない様子だったので、久々に病院へ行ってきました。

病院では、角膜に傷がないかどうかを調べる検査を実施。
まず緑色の目薬を差し、少ししてから光を照らすと、傷が緑色に染まって見えるそうです。
(検査とはいえ、瞳全体が鮮やかなグリーンに染まった姿はなかなか衝撃的でした…)

結果は異常なし。
眼球に問題はなく、目の周りに炎症が起きている状態 (眼瞼炎) だろうとのこと。

抗炎症剤の目薬をもらいました。これを1日3~4回点眼。
PC244704.jpg

目薬のおかげもあってか、1~2日で良くなりました。ふぅ、一安心。
PC264706.jpg
↑目の淵は元々こんな色です。

牧草が当たっちゃったかな?
今回買った牧草、長くてしっかりしたものが多かったのですが、
ほぼそのままケージに入れてしまっていました。反省です。
この件から、長いものは毎回短く切って与えるようにしました。

ポム自身はといえば、炎症が起きてから治るまでの数日間、特に変わらない生活を送り、
初めての目薬に抵抗もなく、穏やかに過ごしていました(^^)


今朝、寝起きを撮られてきょとん顔のポムちゃん ♪
PC294728.jpg

しつこく撫でられ、不機嫌顔で見下ろすポムちゃん 笑
PC294730.jpg


年末に久々の通院でソワソワしましたが、すぐに治って良かったです。
これで年越しも落ち着いて過ごせるね(^^)


Comment:6
2016
07.11

新しい病院で健康診断

Category: 病気・病院
先週、健康診断のため、新しい病院に行ってきました。
DSC_0100.jpg

春に今の家に引っ越しきてから一度だけ、
前の先生のお知り合いがやっているという病院に行ったのですが (詳細はこちら)
その先生はモルモットを診た経験がほとんどなく・・・
せっかくのご紹介でしたし、いろいろ思うこともありましたが、
やっぱりポムのために、自分でも他の病院を探すことにしました。

隣町ですが車で10分弱のところに、モルモットも診察できるという病院を発見。
一応電話でも確認し、行ってみることにしました。

初めての場所でも固まることなく、むしろグイグイお顔を出してくるポムちゃん。
外に出たくてしょうがないようです。
DSC_0101.jpg

先に待合室にいたのはウサギさん、私の後にやってきたのはハムスターさんでした。
小動物がこんなに並ぶとは…! 期待できそうです。

キャリー脱出チャレンジに疲れたポムちゃん。
DSC_0104.jpg

健康診断では、入念な身体チェックをしていただきました。
抱っこしていろんな向きから見たり、触ったり。目、耳、口、おしり、足、おなか…
これが普通なのかもしれませんが、今までの先生はもう少し簡単な触診だったので、
慣れない触れ合いに、ポムの前歯アタックが炸裂!笑
「おー、この仔は噛むのかぁ」
“噛む仔” レッテル貼られちゃいました…(*_*) ガーン

でも、これまでの健康診断の結果や普段の生活環境など、細かく話を聞いてくださり、
ポムのことを理解しようとしてくださっている先生には、とても好感が持てました。

また、生後2か月で結石が出た経緯をお話しし、実物もお見せしたところ、
その月齢で2つも結石が出るのは珍しいと驚かれていました。
そしてこれまでのように尿検査で様子をみていくより、エコーの方が現状がわかるとのこと。
ただ、この日は初診でしたし、何よりも、慣れない触診にチョーうんざりなポムちゃん。
次回以降、慣れてきたらエコー撮ってみましょうということになりました。

今回の先生は、小動物の扱いに慣れているようで信頼できそうですし、
立地的にも行きやすいので、ひとまず今後はこちらの病院でお願いしていこうかと思います。

帰宅するとすぐに休憩モード。
P7067613.jpg

ご褒美の乾燥ニンジンです。
P7067641.jpg
P7067657.jpg
P7067659.jpg

美味しいねぇ(*^^*)
P7067689.jpg

・・・飽きました。笑
P7067702.jpg

ねるー 休憩ではなく、本気寝です。
P7067711.jpg

やっぱり こっちで ねる
P7067713.jpg

ポムちゃん、健康診断 お疲れ様でした。
P7067714.jpg


今後の診察のためにも抱っこに慣れさせた方が良いと言われ、
プィプィ キュルキュル。 診察室では文句たらたらなポムなのでした ♪


Comment:6
2016
06.27

「角質増多」

Category: 病気・病院
先月の話でスミマセンm(__)m

5月の健康診断の記事で、ポムの左手の平にタコのようなものができたと記しました。
そのとき載せた写真がこちら。
P5135191(2).jpg

梅ハルしおんのママさんに、これは古くなった角質だということを教えていただきました。
ママさんのお宅でも、みんなしょっちゅうできて、気付くと取れているのだとか!
心配なものではないとのことで一安心。アドバイスありがとうございましたm(__)m

そのすぐ後に気づいたのですが。
この症状。
ちゃんと本に載っていたのです。しかもポムのとそっくりな写真付きで。
P6085827.jpg
『Perfect Pet Owner's Guides モルモット完全飼育』(誠文堂新光社)129ページより

こちらの本によると、病名(?)は「角質増多」となっています。
 ・金網の上で生活していると発生しやすい
 ・基本的には無害
 ・角質が大きくなりすぎると床材などに引っかけて出血することもある
 ・角質が大きくなりすぎた場合にはハサミなどで切除して小さくする
参考: 『Perfect Pet Owner's Guides モルモット完全飼育』(誠文堂新光社)129ページ

なんでまず最初に本で調べなかったんだろう・・・
インターネットにばかり頼る癖がついていたようです。反省。

そして。今のポムの左手の平がこちら。
P6266718.jpg

肉球の間にすっぽり収まるサイズで、前より小さくなっています。
色が黒くなっていますが、これは多分ただの汚れ…(^^;)
他の部分がキレイなピンク色なので、古い角質だけが劣化しているような感じです。

まだ皮膚とはくっついていますが、生活に支障はなさそうなので、
いつかポロッと取れてしまうことを願って、様子観察を続けたいと思います。


さて。

別荘をどかされてしまったポムちゃん。
P6266533(2).jpg

えっ
P6266551(2).jpg

慌てて第2の別荘へ避難します。
P6266556(2).jpgP6276620(2).jpg

落ち着いてるように見えますが・・・
P6276632(2).jpg

P6276644.jpg
P6276657.jpg
P6276669.jpg

やっぱり本宅が一番落ち着くみたいです(^^)
P6276703.jpg

あ、こっちも別荘だった…


Comment:4
2016
05.13

健康診断2016.5

Category: 病気・病院
月曜日、引越し後初めての健康診断に行ってきました。

お出かけ前の、きょとん。
P5094920.jpg

とりあえずケージからは出してほしいようです。 舌がチラリ ♪
P5094929.jpg

P5094975.jpg

車で甘えるポムちゃん…
P5095017(1).jpg

…の鼻に汚れ。(しまった、初対面なのに!笑)
P5095017(2).jpg


今回行った病院は、前に通っていた先生のご紹介で知りました。
うちから車で5分!ありがたいです。近いに越したことはありません。
優しそうで、こちらの話もよく聞いてくださって、よさそうな先生です(^^)

ただ、この地に来て20年、なんとモルモットは初めてとのこと!
ウソーーー(*_*)
「この辺りは飼っている人いないねぇ…」とのことでした。

傷の処置や、薬の量を変えれば対応できるような症状など、できる限りのことはします。
ただ、内科的なことは専門ではないのでわからない。
その場合に紹介できる病院を探しておきます、とのことでした。

ポムは今1歳。まだ若くて健康ですが、これから年を重ねていくうちに、
いつ内科的な不調が現れるかわかりません。
そういう意味での頼りになる先生が今現在見つかっていないのは不安ですが、
できないことをできないと言う先生は信頼できると思いますし、
自力で他の病院を探すよりも、先生が探してくださった方が確かで早いと思い、
ひとまずはこの先生をかかりつけ医とし、相談に乗っていただきたいと思います。



ここからは、健康診断の内容です。

まず、手の平のタコ。
こちらは右手の写真。肉球(?)の間に皮膚が硬くなったような箇所があります。
P5135192.jpg

このくらいならそこまで気にはならないのですが、今回診てもらったのはこちら。
左手です。
P5135191.jpg

ゴミがついているようにも見えますが、皮膚の一部です。
少し前までは、右手のように肉球の間に収まっていましたが、
最近外側へ移動してきました。※大きさはほぼ変わっていません。

先生曰く、前足だから、自分で何かに使って(使う癖があって)できたタコだろう、とのこと。
前足でする癖といえば… ケージにつかまってかじかじかじ、かなぁ?
あの行動は歯にも手にも良くないのか(*_*)

でも人間のペンダコと一緒で、頻繁に使う部分を補強するために起きていることであり、
本モルも気にしておらず、腫瘍などの悪いものではなさそうなので問題なし。
このまま経過観察となりました。


もうひとつ、気になったことがあり伺いました。

先日、右目の目頭付近(半径5㎜ほど)が涙でしっとり濡れていたことがあったのです。
涙はサラッとしていて透明でした。(写真撮れず…)
1ミリくらいの乾いた目やにがついていることはよくありますが、
目の周りの毛が濡れているのを見たのは初めてだったのでビックリ。
綿棒でそっとぬぐって対応。その後はいつも通りでした。

先生曰く、牧草か何かのカスが入っただけだろうとのこと。
でも目の異常は進行が速いので、早めの対応が大事とのことです。

そういえば前の先生が、
涙や鼻水は、粘り気や濁ったような色でなければ大丈夫とおっしゃっていました。
今回のは、目にゴミが入ったときの正常な反応だったわけですね。


そして、引越し前はほぼ毎月行っていた健康診断と尿検査。

これまでの経過に大きな問題がないことなどから、先生とも相談して、
今後は健康診断は半年に1回ほどにすることにしました。
また何かあったときは、まず電話で相談し、対応を考えるということに。
(前述したできること・できないことの判断があるので)

長くなりましたが、以上が今回の受診記録です。

手の平のタコは個人的にまだ気になるのでより注意して、
他にも体の異変にすぐ気づけるよう、日々よく観察していこうと思います。


駐車場にて。
P5095041.jpg

ご褒美パプリカに気づくポム(^^)
P5095063.jpg

どうぞ召し上がれー ♪ 動画です(11秒)
シャクシャクシャクシャク…

帰宅後さっそくご休憩。お疲れ様でしたm(__)m
P5095084.jpg


初めての場所で、初めての先生でも、
ご機嫌でおしゃべりして、おなかぺたーんとリラックス。
抱っこされて手の平見られてもおとなしくしていて、(文句は言ってたけど笑)
ポムはとってもおりこうさんでした(*^^*)

えらい えらい ♪



Comment:6
2016
03.26

健康診断&最近のポム

Category: 病気・病院
引っ越し間近のわが家はバタバタしていますが、ポムは変わらず元気です(*^^*)
P3212543.jpg
↑かじってほつれた所をあご置きにしているポムちゃん ♪


そんな中、一昨日の木曜日に健康診断へ行ってきました。
DSC_1434.jpg

病院に着いて、移動お疲れさまのニンジンに舌鼓 ♪
DSC_1437.jpg

尿検査の結果は良好(^^)

前回診ていただいた左前足の爪については、腫れ・赤みは引いたものの、
かさぶたのような黒いもの、指の曲がり具合は変わらず。
ただ生活に支障なさそうなので特に処置はしなくていいとのこと。

また、後ろ足裏の乾燥・赤みが気になったので伺ってみたところ、
一番床に着くところだからタコにはなるかもしれない、とのこと。
塗り薬などはあるのか伺うと、このくらいなら何もしなくても大丈夫とのことでした。

(自宅での足裏ケアについては、他のモル飼いさんブログ等でも勉強させていただいていて、
これから考えていこうと思います。今はまだ緊急性がなく、引っ越しのストレスもあると思う
ので、新しいことを始めるのは新居に慣れてからにしようかと思っています。)

今の病院最後の健康診断、大きな問題もなく結果良好で何よりです。
ポムの最初の1年間を診ていただいた先生方には大感謝です。
私の話もよく聞いてくださり、ポムのことも可愛がってくださり、大変お世話になりました。

なんと新居の近くに、今の先生の知人の方が開いている動物病院があるということで、
来月からはそちらにお世話になる予定です。今の先生のお知り合いなら安心です(^^)

ポムちゃん、健康診断お疲れさまでした ♪
P3242709.jpg
↑帰宅に驚くポム…笑


病院の話が長くなってしまいました。
最初にもお伝えしましたが、ポムは変わらず元気です ♪

カーペットを撤去したところ、久々の床にビビり・・・
P3242829.jpg

戸惑いながらも・・・
P3242831.jpg

がんばって甘えに来てくれました(*^^*)
P3242833.jpg

食欲旺盛!
P3252812.jpg
P3252813.jpg

お歌も上手~ ♪
P3252814.jpg

新しい環境になっても、この調子で過ごせますように。
P3252816.jpg

ドライブ(新居までは1時間ほど)と、環境の変化のストレスを少しでも軽減できるよう、
ポムの周りのものは、できるだけそのまま移動させる予定です。
匂いも配置もそのままにしたら、少しは安心して過ごせるかな…うーん…心配です(*_*)
できる限りポムに負担をかけないように努力したいと思います!


~おまけ~

わけあって畳の部屋に連れてこられ、硬直カキーンのポムちゃん。
P3252824.jpg



~お知らせ~
いつもこのブログを見に来てくださりありがとうございます。
諸事情により、しばらくインターネットが使えなくなるため、
その間ブログをお休みさせていただきます。
またポムの元気な姿をお伝えできる日を楽しみにしています。

Comment:6
back-to-top