2016
12.29

初めての目薬

Category: 病気・病院

先週の金曜日~土曜日にかけて、ポムの左目に異変が。
PC244703.jpg

 ・目がショボショボしていて瞬きがいつもより多い
 ・なんとなく目の周りが腫れぼったい
 ・涙目
 ・白濁した目ヤニが少し

金曜夜の時点でこれらの症状が見られ、
翌日もほとんど変わらない様子だったので、久々に病院へ行ってきました。

病院では、角膜に傷がないかどうかを調べる検査を実施。
まず緑色の目薬を差し、少ししてから光を照らすと、傷が緑色に染まって見えるそうです。
(検査とはいえ、瞳全体が鮮やかなグリーンに染まった姿はなかなか衝撃的でした…)

結果は異常なし。
眼球に問題はなく、目の周りに炎症が起きている状態 (眼瞼炎) だろうとのこと。

抗炎症剤の目薬をもらいました。これを1日3~4回点眼。
PC244704.jpg

目薬のおかげもあってか、1~2日で良くなりました。ふぅ、一安心。
PC264706.jpg
↑目の淵は元々こんな色です。

牧草が当たっちゃったかな?
今回買った牧草、長くてしっかりしたものが多かったのですが、
ほぼそのままケージに入れてしまっていました。反省です。
この件から、長いものは毎回短く切って与えるようにしました。

ポム自身はといえば、炎症が起きてから治るまでの数日間、特に変わらない生活を送り、
初めての目薬に抵抗もなく、穏やかに過ごしていました(^^)


今朝、寝起きを撮られてきょとん顔のポムちゃん ♪
PC294728.jpg

しつこく撫でられ、不機嫌顔で見下ろすポムちゃん 笑
PC294730.jpg


年末に久々の通院でソワソワしましたが、すぐに治って良かったです。
これで年越しも落ち着いて過ごせるね(^^)


Comment:6
2016
07.11

新しい病院で健康診断

Category: 病気・病院
先週、健康診断のため、新しい病院に行ってきました。
DSC_0100.jpg

春に今の家に引っ越しきてから一度だけ、
前の先生のお知り合いがやっているという病院に行ったのですが (詳細はこちら)
その先生はモルモットを診た経験がほとんどなく・・・
せっかくのご紹介でしたし、いろいろ思うこともありましたが、
やっぱりポムのために、自分でも他の病院を探すことにしました。

隣町ですが車で10分弱のところに、モルモットも診察できるという病院を発見。
一応電話でも確認し、行ってみることにしました。

初めての場所でも固まることなく、むしろグイグイお顔を出してくるポムちゃん。
外に出たくてしょうがないようです。
DSC_0101.jpg

先に待合室にいたのはウサギさん、私の後にやってきたのはハムスターさんでした。
小動物がこんなに並ぶとは…! 期待できそうです。

キャリー脱出チャレンジに疲れたポムちゃん。
DSC_0104.jpg

健康診断では、入念な身体チェックをしていただきました。
抱っこしていろんな向きから見たり、触ったり。目、耳、口、おしり、足、おなか…
これが普通なのかもしれませんが、今までの先生はもう少し簡単な触診だったので、
慣れない触れ合いに、ポムの前歯アタックが炸裂!笑
「おー、この仔は噛むのかぁ」
“噛む仔” レッテル貼られちゃいました…(*_*) ガーン

でも、これまでの健康診断の結果や普段の生活環境など、細かく話を聞いてくださり、
ポムのことを理解しようとしてくださっている先生には、とても好感が持てました。

また、生後2か月で結石が出た経緯をお話しし、実物もお見せしたところ、
その月齢で2つも結石が出るのは珍しいと驚かれていました。
そしてこれまでのように尿検査で様子をみていくより、エコーの方が現状がわかるとのこと。
ただ、この日は初診でしたし、何よりも、慣れない触診にチョーうんざりなポムちゃん。
次回以降、慣れてきたらエコー撮ってみましょうということになりました。

今回の先生は、小動物の扱いに慣れているようで信頼できそうですし、
立地的にも行きやすいので、ひとまず今後はこちらの病院でお願いしていこうかと思います。

帰宅するとすぐに休憩モード。
P7067613.jpg

ご褒美の乾燥ニンジンです。
P7067641.jpg
P7067657.jpg
P7067659.jpg

美味しいねぇ(*^^*)
P7067689.jpg

・・・飽きました。笑
P7067702.jpg

ねるー 休憩ではなく、本気寝です。
P7067711.jpg

やっぱり こっちで ねる
P7067713.jpg

ポムちゃん、健康診断 お疲れ様でした。
P7067714.jpg


今後の診察のためにも抱っこに慣れさせた方が良いと言われ、
プィプィ キュルキュル。 診察室では文句たらたらなポムなのでした ♪


Comment:6
2016
06.27

「角質増多」

Category: 病気・病院
先月の話でスミマセンm(__)m

5月の健康診断の記事で、ポムの左手の平にタコのようなものができたと記しました。
そのとき載せた写真がこちら。
P5135191(2).jpg

梅ハルしおんのママさんに、これは古くなった角質だということを教えていただきました。
ママさんのお宅でも、みんなしょっちゅうできて、気付くと取れているのだとか!
心配なものではないとのことで一安心。アドバイスありがとうございましたm(__)m

そのすぐ後に気づいたのですが。
この症状。
ちゃんと本に載っていたのです。しかもポムのとそっくりな写真付きで。
P6085827.jpg
『Perfect Pet Owner's Guides モルモット完全飼育』(誠文堂新光社)129ページより

こちらの本によると、病名(?)は「角質増多」となっています。
 ・金網の上で生活していると発生しやすい
 ・基本的には無害
 ・角質が大きくなりすぎると床材などに引っかけて出血することもある
 ・角質が大きくなりすぎた場合にはハサミなどで切除して小さくする
参考: 『Perfect Pet Owner's Guides モルモット完全飼育』(誠文堂新光社)129ページ

なんでまず最初に本で調べなかったんだろう・・・
インターネットにばかり頼る癖がついていたようです。反省。

そして。今のポムの左手の平がこちら。
P6266718.jpg

肉球の間にすっぽり収まるサイズで、前より小さくなっています。
色が黒くなっていますが、これは多分ただの汚れ…(^^;)
他の部分がキレイなピンク色なので、古い角質だけが劣化しているような感じです。

まだ皮膚とはくっついていますが、生活に支障はなさそうなので、
いつかポロッと取れてしまうことを願って、様子観察を続けたいと思います。


さて。

別荘をどかされてしまったポムちゃん。
P6266533(2).jpg

えっ
P6266551(2).jpg

慌てて第2の別荘へ避難します。
P6266556(2).jpgP6276620(2).jpg

落ち着いてるように見えますが・・・
P6276632(2).jpg

P6276644.jpg
P6276657.jpg
P6276669.jpg

やっぱり本宅が一番落ち着くみたいです(^^)
P6276703.jpg

あ、こっちも別荘だった…


Comment:4
2016
05.13

健康診断2016.5

Category: 病気・病院
月曜日、引越し後初めての健康診断に行ってきました。

お出かけ前の、きょとん。
P5094920.jpg

とりあえずケージからは出してほしいようです。 舌がチラリ ♪
P5094929.jpg

P5094975.jpg

車で甘えるポムちゃん…
P5095017(1).jpg

…の鼻に汚れ。(しまった、初対面なのに!笑)
P5095017(2).jpg


今回行った病院は、前に通っていた先生のご紹介で知りました。
うちから車で5分!ありがたいです。近いに越したことはありません。
優しそうで、こちらの話もよく聞いてくださって、よさそうな先生です(^^)

ただ、この地に来て20年、なんとモルモットは初めてとのこと!
ウソーーー(*_*)
「この辺りは飼っている人いないねぇ…」とのことでした。

傷の処置や、薬の量を変えれば対応できるような症状など、できる限りのことはします。
ただ、内科的なことは専門ではないのでわからない。
その場合に紹介できる病院を探しておきます、とのことでした。

ポムは今1歳。まだ若くて健康ですが、これから年を重ねていくうちに、
いつ内科的な不調が現れるかわかりません。
そういう意味での頼りになる先生が今現在見つかっていないのは不安ですが、
できないことをできないと言う先生は信頼できると思いますし、
自力で他の病院を探すよりも、先生が探してくださった方が確かで早いと思い、
ひとまずはこの先生をかかりつけ医とし、相談に乗っていただきたいと思います。



ここからは、健康診断の内容です。

まず、手の平のタコ。
こちらは右手の写真。肉球(?)の間に皮膚が硬くなったような箇所があります。
P5135192.jpg

このくらいならそこまで気にはならないのですが、今回診てもらったのはこちら。
左手です。
P5135191.jpg

ゴミがついているようにも見えますが、皮膚の一部です。
少し前までは、右手のように肉球の間に収まっていましたが、
最近外側へ移動してきました。※大きさはほぼ変わっていません。

先生曰く、前足だから、自分で何かに使って(使う癖があって)できたタコだろう、とのこと。
前足でする癖といえば… ケージにつかまってかじかじかじ、かなぁ?
あの行動は歯にも手にも良くないのか(*_*)

でも人間のペンダコと一緒で、頻繁に使う部分を補強するために起きていることであり、
本モルも気にしておらず、腫瘍などの悪いものではなさそうなので問題なし。
このまま経過観察となりました。


もうひとつ、気になったことがあり伺いました。

先日、右目の目頭付近(半径5㎜ほど)が涙でしっとり濡れていたことがあったのです。
涙はサラッとしていて透明でした。(写真撮れず…)
1ミリくらいの乾いた目やにがついていることはよくありますが、
目の周りの毛が濡れているのを見たのは初めてだったのでビックリ。
綿棒でそっとぬぐって対応。その後はいつも通りでした。

先生曰く、牧草か何かのカスが入っただけだろうとのこと。
でも目の異常は進行が速いので、早めの対応が大事とのことです。

そういえば前の先生が、
涙や鼻水は、粘り気や濁ったような色でなければ大丈夫とおっしゃっていました。
今回のは、目にゴミが入ったときの正常な反応だったわけですね。


そして、引越し前はほぼ毎月行っていた健康診断と尿検査。

これまでの経過に大きな問題がないことなどから、先生とも相談して、
今後は健康診断は半年に1回ほどにすることにしました。
また何かあったときは、まず電話で相談し、対応を考えるということに。
(前述したできること・できないことの判断があるので)

長くなりましたが、以上が今回の受診記録です。

手の平のタコは個人的にまだ気になるのでより注意して、
他にも体の異変にすぐ気づけるよう、日々よく観察していこうと思います。


駐車場にて。
P5095041.jpg

ご褒美パプリカに気づくポム(^^)
P5095063.jpg

どうぞ召し上がれー ♪ 動画です(11秒)
シャクシャクシャクシャク…

帰宅後さっそくご休憩。お疲れ様でしたm(__)m
P5095084.jpg


初めての場所で、初めての先生でも、
ご機嫌でおしゃべりして、おなかぺたーんとリラックス。
抱っこされて手の平見られてもおとなしくしていて、(文句は言ってたけど笑)
ポムはとってもおりこうさんでした(*^^*)

えらい えらい ♪



Comment:6
2016
03.26

健康診断&最近のポム

Category: 病気・病院
引っ越し間近のわが家はバタバタしていますが、ポムは変わらず元気です(*^^*)
P3212543.jpg
↑かじってほつれた所をあご置きにしているポムちゃん ♪


そんな中、一昨日の木曜日に健康診断へ行ってきました。
DSC_1434.jpg

病院に着いて、移動お疲れさまのニンジンに舌鼓 ♪
DSC_1437.jpg

尿検査の結果は良好(^^)

前回診ていただいた左前足の爪については、腫れ・赤みは引いたものの、
かさぶたのような黒いもの、指の曲がり具合は変わらず。
ただ生活に支障なさそうなので特に処置はしなくていいとのこと。

また、後ろ足裏の乾燥・赤みが気になったので伺ってみたところ、
一番床に着くところだからタコにはなるかもしれない、とのこと。
塗り薬などはあるのか伺うと、このくらいなら何もしなくても大丈夫とのことでした。

(自宅での足裏ケアについては、他のモル飼いさんブログ等でも勉強させていただいていて、
これから考えていこうと思います。今はまだ緊急性がなく、引っ越しのストレスもあると思う
ので、新しいことを始めるのは新居に慣れてからにしようかと思っています。)

今の病院最後の健康診断、大きな問題もなく結果良好で何よりです。
ポムの最初の1年間を診ていただいた先生方には大感謝です。
私の話もよく聞いてくださり、ポムのことも可愛がってくださり、大変お世話になりました。

なんと新居の近くに、今の先生の知人の方が開いている動物病院があるということで、
来月からはそちらにお世話になる予定です。今の先生のお知り合いなら安心です(^^)

ポムちゃん、健康診断お疲れさまでした ♪
P3242709.jpg
↑帰宅に驚くポム…笑


病院の話が長くなってしまいました。
最初にもお伝えしましたが、ポムは変わらず元気です ♪

カーペットを撤去したところ、久々の床にビビり・・・
P3242829.jpg

戸惑いながらも・・・
P3242831.jpg

がんばって甘えに来てくれました(*^^*)
P3242833.jpg

食欲旺盛!
P3252812.jpg
P3252813.jpg

お歌も上手~ ♪
P3252814.jpg

新しい環境になっても、この調子で過ごせますように。
P3252816.jpg

ドライブ(新居までは1時間ほど)と、環境の変化のストレスを少しでも軽減できるよう、
ポムの周りのものは、できるだけそのまま移動させる予定です。
匂いも配置もそのままにしたら、少しは安心して過ごせるかな…うーん…心配です(*_*)
できる限りポムに負担をかけないように努力したいと思います!


~おまけ~

わけあって畳の部屋に連れてこられ、硬直カキーンのポムちゃん。
P3252824.jpg



~お知らせ~
いつもこのブログを見に来てくださりありがとうございます。
諸事情により、しばらくインターネットが使えなくなるため、
その間ブログをお休みさせていただきます。
またポムの元気な姿をお伝えできる日を楽しみにしています。

Comment:6
2016
02.05

健康診断2016.2

Category: 病気・病院
2月1日のモルモットの日、今年最初の健康診断に行ってまいりました。

車内で緊張しながらも、何かを期待している口元。
DSC_1232.jpg

まず、前回の受診のときに診てもらった乳首について。(詳細はこちら)
こちらは特に変わりなく、大丈夫そうだとのこと。今後も様子観察です。

そして尿検査。
こちらも前回とほとんど変わらない数値。
タンパク質が(+++)だったけれど、過去にも(-)だったり(++++)だったりと
日によって変わるものなので、特に気にする必要はないとのこと。
潜血やブドウ糖や結晶も(-)で、結果良好です(^^)

DSC_1233.jpg
↑やはりおやつを期待…


最後にひとつ、気になるところを診てもらいました。

1月21日、ポムの左前足の第4指の爪の付け根に、
1mm程のかさぶた(爪の中で出血した?)のようなものを発見しました。
P1229743.jpg
(1/22撮影)

いつからなっていたのかはわかりませんが、原因は爪が伸びていたことのようでした。
爪切りのタイミングが遅くなってしまったことを猛反省。すぐに切りました。

爪はカーブして伸びるため、長くなると指や足の負担になります。
おそらく、伸びた爪が床に当たった状態でいたことで、
爪の付け根や指に変な角度で負担を与えていたのだと思われます。

発見の翌日に一度だけ、ネットの情報を頼りに、
イソジンきず薬をかなり薄めたものを綿棒で塗布しました。
消毒の効果があったのかどうかは、正直なところよくわかりません。

指にも腫れが見られます。(1/26撮影)
P1269332.jpg

また体勢よっては、指が内向きに変形しているようにも見えます。
(これはもしかしたら前からなのかもしれません)
P2049816.jpg
(↑写真は昨日2/4のもの)

ポム自身は、この指を気にする様子はなく、
歩いたり走ったりつかまり立ちをしたり、今のところ生活に支障はないようです。

先生に経緯を伝え現状を診てもらったところ、腫れはあるが、
出血も止まっていて、特に処置をする必要はない。
本モルが気にしていないなら大丈夫、とのこと。

指の向きについては、多分まっすぐに戻ることはないとのこと。(ショック…)
ちなみに、指が変形する仔は多いらしいです。原因は、歩き方や体重のかけ方の癖、加齢等。
ポムの場合、今回の爪が原因なのか、実は元々なっていたのか、わかりません。
皆さんのモルちゃんの指はいかがでしょうか・・・?

また今後のために、傷や出血を発見した場合の応急処置についても伺いました。
まずは止血第一。傷口を3分くらいしっかり押さえ続けていれば必ず止血できます。
「止まったかな?」ってチラチラ確認しながらではダメで、押さえ続けることがポイント。
そして消毒については、特にやらなくてよいとのことです。
何か塗布したところで、それを舐めてしまい、体に害がないとも言い切れないからです。
しいていうなら、水ですすぐ程度で十分とのことでした。


毎日見守って触れ合って、観察していたつもりでしたが、
細かいところに目が行き届いていなかったなと反省。
これからはもっと異変に早く気づけるように、注意深く観察していきたいと思います。

また、爪切りのタイミングを見直そうと思いました。爪の伸び方もそうですが、
成長して体重が以前より重くなっていたことも今回の件の原因のひとつかなと思います。
以前は1~2か月に1度でしたが、今後は1か月前後を目安にやっていこうと思います。


さて、帰宅後のポムちゃん。
DSC_1264.jpg
DSC_1266.jpg
DSC_1267.jpg

健康診断お疲れさまでしたm(__)m

「ここが痛い」「ここに違和感」とか言えないし、ましてや被捕食動物だから、
体の悪い部分は隠すのがモルモットの本能。
その異変を見つけるのはなかなか難しいかもしれないけれど、
早期発見できるように、日々観察眼を磨いていきたいと思います。


~おまけ~
これでも寝ています… 寝言を言いながら笑
P2049741.jpg

きゅる、きゅるきゅる・・・zzz


Comment:8
2015
12.26

健康診断2015.12(気になることあり)

Category: 病気・病院
今週の火曜日、月に一度の健康診断に行ってきました。
PC225803.jpg

出発直前におしっこもしてくれて、3か月ぶりに尿検査もできました。

まずはその尿検査について。結果からいうと、良好でした(^^)
今回タンパク質が(+)で、前回9/18の(++++)という最高値を大きく下回り、
健康な状態になっています。
その他、潜血やブドウ糖なども(-)で、今までの中でも一番いい結果かも、とのことでした。
良かった良かった ♪

受診後の駐車場にて、ご褒美おやつの気配にそわそわのポム。
PC225792.jpg
お疲れさま。いちごどうぞー♪
PC225834.jpg
PC225843.jpg
一瞬です。


さて。今回はもうひとつ気になることがありまして。
PC225904.jpg
乳首の大きさが違う・・・わかりますか?
正確には、乳首周辺の色のついた部分、右の方が広いのです。

左。
PC225901.jpg

右。
PC225903.jpg

前からこんなだったかなぁ?と、最近気になっていました。
触ってもしこりは感じられないけれど、素人の私にはわからない異変が・・・??

不安を抱え、先生に診ていただいたところ、
「色素的なものだろう」とのことでした。
つまり、病的なものではないということ! はぁー良かったー(*_*)

先生から見てもやはりしこりはなく、皮膚にも異常はなく、
左右の色素の違いが成長につれて顕著になってきたのではないか、とのことでした。

例えば耳の裏で見てみても・・・
PC225913.jpg
PC225914.jpg
濃い毛色の部分は肌の色も濃く、薄い毛色の部分は肌の色も薄い。
なるほど・・・
ポムのおなかの毛の色も、右の方が若干濃いから、そういうことなのかもしれません。

また先生曰く、色素は悪いものではなく、むしろ肌を守るものだから、
心配しなくてよいとのことでした。

ただもしこれから、しこりや皮膚の異常、本モルがかゆがったり気にし始めたりしたら、
何か異常があるかもしれないので、様子観察はしていこうと思います。


ちなみに、上のおなかの写真は、帰宅後にうちで撮ったものなのですが、
普段から時々この体勢になってもらって顎下を撫でると、
とても気持ちよさそうにしてくれるので、写真を撮るのも難なくできました。

しかし・・・病院で先生におなかを見てもらうときは違いました。
リラックスできるようにと、家と同じように私の膝の上でやったにも関わらず、
ものすごい勢いで反抗! あれれ、指に傷が・・・(゜゜)笑
やっぱり普段と違う場所だと、簡単にはさせてくれないものですね。

おなかを見せる行為は、自然界では「食べてくれ」と言っているようなもの。
それをうちでは、のほほーんとやってくれているのだから、
安心して、心を許してくれている証拠なんだなと、ちょっと嬉しかったり♬


帰宅後のポム。頭がぼっさぼさ・・・笑
PC225923.jpg
PC225942.jpg
PC225967.jpg

いつも、お膝の上にいても、撫でていないとすぐにどこかへ行ってしまうのに
PC225973.jpg

この日は帰宅してから10~15分くらいこうしていました。
PC225981(2).jpg
(部屋が出発時のバタバタのまま…笑)

ポムちゃん、今年最後の健康診断、お疲れさまでした(^^)
PC225985.jpg
健康体で年を越せそうで何よりです。

来週の今日、お正月過ぎてる…(゜゜)


~お詫び~
お誕生日やクリスマスと時期がかさなったため、
記事の内容が時系列になっていないことをお許しくださいm(__)m

Comment:6
back-to-top